Copyright © 2012 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四章 「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」

こんばんわ、更新まだぁ??と指摘されるまで完全に忘れてたドくずです( ー`дー´)


それでは最後の章張り切っていってみましょー!!


第四章 「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」

ここまでお届けしてきた真夏の夜の淫夢についてのレポートもいよいよ最終章に突入。
1章ではクオリティの高さに驚き、2章ではやや盛り下がりを見せたものの3章ではパンチ男のゲイ術的とも言える
絡み技に度肝を抜かれ、さすが真夏の夜の淫夢と唸らせるものがあった。
この4章は数々の名言が生まれており、最後の最後まで気が抜けない事が想定されるが、皆様にはそのクオリティを少しでも
感じて頂けるよう最大限の努力をしたいと思う。

では、始めるとしよう。


水泳の部活も終わり、先輩と一緒に帰る帰り道・・・いつも逞しい先輩の背中を追い続けてきた

はぁ・・・やっぱり先輩はかっこいいなぁ

そう、いつしか僕は気がつくと先輩を目で追ってしまっていた。僕はノンケだ、そう言い聞かせてきたがそれが崩れるのはもはや時間の問題だと思う

先輩何気ない会話、これが一生続けばいいのに。なぁ~んて思っていたら「今日は、俺の家来いよ?」といういきなりのお誘い

もはや断る理由があるはずもない。気がつけば僕は先輩の部屋にいたんだ。。。あぁ、なんて甘美な匂いなんだろう



ここに住みたいよ。。。しぇんぱぁい♪


そんなことを考えていると先輩に話しかけられていた。。

先輩「屋上で日光浴しないか?」

これまで水泳でしか見れなかった先輩の裸体・・・もしかすると・・・もしかするかもしれない・・・
そんな淡い期待を抱きつつ僕は2つ返事で「良いですね!」そう答えた
そして屋上につくとすぐに脱いだ。もう一刻も待てなかったんだ
タオルで隠しつつ着替えはしたけど、時折チラついた先輩のイチモツにもう興奮しっぱなしだ
僕のブーメランパンツがいつ大型テントになってしまうか心配で仕方なかった

しばらく日光浴をしていると先輩がサンオイルを塗ってくれた
その手つきは実に滑らかでいつしか僕のイチモツの一部は水着の外へとはみ出ていた

先輩「だいぶだまってるでしょ?」

・・・図星だった。先輩の目線が僕のイチモツに注がれる。。。
この時点でもう痙攣したかのようにビクビクしっぱなし
「せ、せんぱい・・・は、はやく・・・」

と思っていたら次は僕が先輩にサンオイルを塗ることに。
さっきの仕返しだと言わんばかりに先輩の股間を攻め立てた結果、先輩も我慢ならなかったようでいきなり僕に襲い掛かってきた
先輩は僕の日焼け痕をマジマジと見つめて興奮しているようだ。正直、うれしい

ここで僕の記憶は一旦途切れる。そう、日光浴している最中に先輩からもらった紅茶、そこに睡眠薬が入れられていたのだ。
僕が眠りについている間、ベッドに縛り付けて動けない僕の全身を舐め回す先輩

あまりの快感に僕が目覚めた時、先輩は既に完全にスイッチが入ってしまっていて抵抗する僕におかまいなしで行為を続ける。

先輩「暴れるなよ!」

先輩!やめて!!!言葉ではそういいつつも心は舞い上がってしまっていた。
すると先輩はこれ以上抵抗されるのを恐れたのか、クロロホルムを浸した布を僕の顔に押し付けてきた。
また意識が朦朧としてくる

再び意識が遠のく僕を確かめると、執拗にイチモツを攻め立てる先輩・・・「う・・・う・・・」

先輩「気持ちいいか?」

「ッアアアア、アアアーアアッ、ハア゛ッ、ア゛ア゛、オォン、ンー、オォン!アォン!」
僕は野獣のような声を出してしまっていた。

「アア!ハア!ハア!イキすぎィ!イク!イクイクイク・・・」
もはや僕に理性など残ってはおらず、ただひたすら快感を貪り食う動物となっていた。
それなのに先輩は更に僕のケツ穴にイチモツを激しく突きたててくる。

先輩/僕「フゥン!フゥン!フゥン!」

先輩「気持ちいいか?」

「気持ち、いいよー」

もう何も考えられない、ただひたすら先輩が欲しい・・・体が先輩を求め続けていた

「アッー、アッー、アッー、ア、イキソ」

先輩「いいよ!来いよ!胸にかけて胸に!」

そう先輩に言われると、とうの昔に限界を超えていた僕のイチモツから盛大にコーヒーフレッシュが吹き出す

先輩「ファッ!?」

僕が逝くのと同時に先輩も逝ってしまった

だけどもこれだけで終わるはずがない、終わらせない。
僕が先輩に激しくキスを求めると・・・先輩も僕に激しいキスを返してくれる

もう先輩なしでは生きられない体になってしまった、先輩なしの人生なんて考えられない



はぁ・・・先輩・・・先輩・・・先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩先輩


ど、どこか同性愛結婚が出来る国に将来は移住するんだ・・・先輩とのラブラブな暮らしを夢見て・・・



え?俺???来年はフランス旅行に行きたいと思う(キリッ








あとがき・・・

ゴリラ「ウホッ!ウホウホウホッ!!!ウッホッホー!!!!(よくやった、じゃあ第三章のノリバージョンも早く書けよ!)」



SP「やるかボケェェッ!!!!!!!!!!!!」
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

SPIRIT6

Author:SPIRIT6
プロフ画像提供:レアリエル画伯(正真正銘真の貴腐人です)

レッドストーンの宵鯖で活動する霊術・闘士です。

メイン:SPIRITⅥ(霊闘士)
サブ :DEAD×END(シーフ)
サブ :SnowFairly(WIZ)
地下 :ジョルノ'ジョヴァーナ(剣士)
地下 :モルト・ヴィヴァーチェ(アチャ)
地下 :めかまろん初号機(WIZ)
地下 :ヨッシーマン(シーフ)
地下 :アクア・カレント(シーフ)
地下 :おしおき平蔵(シーフ)
地下 :SilentKill(シーフ)
地下 :Re☆Write(天使)
地下 :奈落の劫火(メイド)
地下 :フェイリス・ニャンニャン(悪魔)
見かけたら声かけて下さい!セクハラ発言で返答します・ω・b

友達更新一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
REDSTONE
↓REDSTONEの公式サイトへはこちらのバナーをクリック!

↓REDSTONEからの各種お知らせ
バナー置き場
↓当ブログのバナーはこちら!

作画:テログマ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。