Copyright © 2012 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

示談の条件とは・・・?

試合を終えて家路へ向かうサッカー部員達。
疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、
車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは・・・。


こんばんは、(頭の)病人です


みなさんは上記の文章についてご存知でしょうか?

これは「真夏の夜の淫夢」という和製ゲイ向けアダルトビデオの第1章の冒頭を紹介した文章なのですが、これをもじったものがツイッターで流行っており、私も流行に乗り遅れまいとそのネタを使用した結果・・・・




キャノ子「おぉん??お前そのネタ使うってことはちゃんと全部見たんだよな??詳細なレポートあくしろ!!!」


綾さん「俺にも送れ!!早く見て送れ!!!できる限り詳細を事細かにレポートしろこのクソハゲデブチビ生きてる価値無し野郎!!!!!!」










というこの世のものとは思えない暴言を浴びせられ、仕方なく喜んで全1~4章の計60分に渡るゲイビデオをガチで鑑賞し、レポートを書きました・・・


2人にはもう全部送りつけたのですが、せっかく書き起こした文章ですので4夜連続更新でこのブログに掲載していきたいと思います\(^o^)/


ちなみに、記事を閲覧したことによる苦情は一切受け付けませんので自己責任で見てくだしぁ^q^



ではでは、第1章からいってみませう!

-----------------------------------------------------------------

OP
ホモビデオとは思えないドラマのOP風の作りとなっている。
しかしながらこれから起こるであろう猥褻な行為を一切感じさせないシリアスなムードを
醸し出しており、それがまたこのビデオの質の高さを表しているとも言えよう。

ちなみに、「真夏の夜の淫夢」のタイトルコールにはホラーらしさすら感じるところがある。

第一章
いきなりヤクザ風の男に絡まれる三浦とその後輩達。暴力団谷岡に一室に連れ込まれ、
暴言を吐かれ萎縮しつつも命令を聞くことでなんとかその場をやり過ごそうとする三浦達。
服を脱げと命令されそれに従うが、恐れつつもどことなく乳首は立っているようにも見える。
犬のものまねをすることで更にその興奮は増しているようだ。「ワンワン」
汚いケツといいいいつつ、その穴に指を突っ込む谷岡は完全にSモードに入っている。
ちなみにケツ毛はボーボーだ・・・そして吠える三浦「ワンワン」
更に、異物をケツ穴に挿入され、身悶えするその姿に興奮を感じざるを得ない。。。
谷岡の攻めは留まる事を知らず、その左手は三浦のバズーカキャノンへと伸びる。
どうやら三浦はこの攻めに必死に耐えているようだが果てるのはもはや時間の問題か。
三浦「ア゛ーッ!ア゛ーッ!!!ぎもぢぃぃぃ!!!!」
後輩達にその恥ずかしい姿を見られながらもますます興奮する三浦。
ここで後輩達も加わって上はキス、下はペロペローニャのW攻めが始まる。
谷岡も興奮してきたのか、乳首を責めろと命令を下しそれにおとなしく従う後輩。
また玉も責めろと命令が続き、怒涛の攻めに三浦の喘ぎ声がより一層高まる。
三浦「オ゛ォ゛ー!オ゛ッ!!オ゛ッ!!!!」
と、ここで谷岡の手が後輩の1人に伸び、軽快な乳首攻めからズボンをずらし始める。
その股間に手を伸ばし、シゴき始める三浦。かなり従順になってきているようだ。
そろそろ逝きそうになってきた後輩だが、鬼畜な谷岡はそれを許しはしない。
後輩「アッァッアッァッ!!!!!」
そろそろ後輩の限界も近いか。
谷岡「逝きそうか??」
後輩「アッァッアッァッ!!!!!!!!!」
ひたすら手を緩めることなく攻め続ける谷岡。
谷岡「よし、先輩のケツ穴に入れてやれよ」
後輩「・・・・。」
いきなりの命令に戸惑いつつも、おそるおそる先輩のケツ穴に後輩のモノが突きたてられた。
後輩「アッァッアッァッ!!!!!!!!!」
三浦「ハァァァッ!!!ハァァァッ!!」
そして騎乗位へと移行する・・・

後輩につけられた首輪がその服従心を見事に表している、まさにこのビデオは単なる
ホモビデオではなく、芸術的作品であることを私は痛感した

乳首を刺激しつつ、積極的にナニをしごく三浦。
もはや後輩はなされるがままに快感を貪り食っている。。。
更にバックに体位を戻し、次は三浦がナニを後輩に突き立てる

ちなみにここから音声がやけに近くなり、耳に直接吐息を吹きかけられているように感じるほどだ。



めっちゃ辛い(心の声)




後輩「アッ!アッ!アッ!」
三浦「ハッ!ハァーッ!」
谷岡はここから更に3人目の後輩に手をかけ、ナニをしゃぶらせる。
谷岡「たたせろよ!!」
必死にしゃぶり続ける後輩と、喘ぎ続ける三浦ともう1人の後輩。
音声が被ってきはじめ、もはや何が何だかよくわからなくなってくる。
ちなみに、これを書いている俺もそろそろ何で自分がこんなことをしているのかわからなくなってきている
ことは知って頂きたい。

(タマタマのドアップがひたすら続く)


後輩「アッ!アッ!アッ!」
三浦「ハッ!ハァーッ!」

そして最終奥義3連結へ・・・

谷岡のイレズミが入った体が実に逞しい。。。かつ程よい肉付きである。
背中には綾さ・・・じゃなかった、般若のイレズミまである。

ここで谷岡がフィニッシュ。実は早漏だったのか?早すぎである。

さらにここでまさかの展開・・・着替え終わった谷岡の後頭部に突きつけられる拳銃・・・
どうやら隙を見て三浦が奪い取っていたらしい。
そして形勢は一気に逆転し、3人から攻め立てられる谷岡。実に惨めな姿である。
こんな谷岡は見たくはなかった。

三浦「気持ちいいんだろぉぇあぁぁぁ!!!」
後輩「ア゛ッー!ア゛ッー!!」

無言で行為を続ける谷岡

およそ5分にわたる行為のうえ、顔にフィニッシュされる谷岡であるが私には分かる。
実は喜んでいる。


ここで第一章は終わりを告げる。
実にシリアスかつユーモラスな展開を見せてくれた真夏の夜の淫夢
2章にも期待せざるを得ない。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

SPIRIT6

Author:SPIRIT6
プロフ画像提供:レアリエル画伯(正真正銘真の貴腐人です)

レッドストーンの宵鯖で活動する霊術・闘士です。

メイン:SPIRITⅥ(霊闘士)
サブ :DEAD×END(シーフ)
サブ :SnowFairly(WIZ)
地下 :ジョルノ'ジョヴァーナ(剣士)
地下 :モルト・ヴィヴァーチェ(アチャ)
地下 :めかまろん初号機(WIZ)
地下 :ヨッシーマン(シーフ)
地下 :アクア・カレント(シーフ)
地下 :おしおき平蔵(シーフ)
地下 :SilentKill(シーフ)
地下 :Re☆Write(天使)
地下 :奈落の劫火(メイド)
地下 :フェイリス・ニャンニャン(悪魔)
見かけたら声かけて下さい!セクハラ発言で返答します・ω・b

友達更新一覧
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
REDSTONE
↓REDSTONEの公式サイトへはこちらのバナーをクリック!

↓REDSTONEからの各種お知らせ
バナー置き場
↓当ブログのバナーはこちら!

作画:テログマ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。